未使用車と新古車の違いはどこ?購入するメリット・デメリットを知ろう

公開日:2022/05/15  最終更新日:2022/06/06


お得な車を購入しようとインターネットを見ていると“未使用車”や“新古車”といったワードを見かけることがあります。車に詳しくないと、両者の違いがどこにあるのかよく分かりませんよね。今回は未使用車と新古車の違いについて、購入するメリットとデメリットと一緒に解説します。

未使用車と新古車の違いはどこ?

結論から述べると、未使用車と新古車に違いはありません。どちらも同じ車のことを指しています。昔は新古車という名称がメジャーでしたが、混乱を招かないために自動車公正取引協議会の規定に則り、現在では未使用車のワードが表示されるようになりました。ただし実際に未使用車というワードを遵守しなければいけないのは、自動車公正取引協議会に属している販売店のみです。

そのほかの販売店は依然、新古車として表示しているところも少なくありません。未使用車とは新車と中古車の中間的なもの。販売ノルマを達成することなどを目的として、ディーラーが購入して名義登録もされたものです。名義登録のみで実際には使われていないため、車体自体は新車と変わりません。ノルマを達成するためだけに購入されたため、適切な時期とともに中古車として売りに出されます。

未使用車(新古車)を購入するメリット・デメリット

ほとんど新車と変わらない未使用車(新古車)を購入する際は、いくつかのメリットやデメリットがあります。購入前にしっかりと確認しておきましょう。

メリット①
新車よりもリーズナブルな価格で購入できる

まずは新車よりも、リーズナブルな価格で購入できることです。ほとんど新車と同じコンディションにもかかわらず、一度名義が登録されただけで中古車扱いになってしまうため、新車よりも安くなります。具体的にどのくらい安くなるかは、車体の種類や状態によって左右されるものの、新車同然のものを安く購入できるのは大きなメリットといえるでしょう。

メリット②
自動車税や自賠責保険料が不要

未使用車は名義登録されているため、自動車税や自動車重量税、自賠責保険などはすでに払い済みです。購入する際に新しく税金や保険料を支払う必要がないので、初期費用を抑えられるようになります。また面倒な手続きも簡素化されるのも、うれしいメリットです。

メリット③
購入から納車までの期間が短くて済む

新車を購入する場合、購入してから納車までの期間は短くて1か月程度、人気の車種の場合は数か月かかることも珍しくありません。しかし未使用車はすでに車体は完成しているため、名義変更や整備・チェックなどが終われば、すぐに納車してもらえます。購入から1週間間~2週間程度で、納車が行われるでしょう。

デメリット①
市場に出回る車数が少ない

デメリットの一つ目が、市場に出回る車数が少ないことです。ディーラーがノルマを達成するために購入する特殊な車のため、通常の中古車と比べて明らかに車数が少なくなります。車種を問わない人ならまだしも、車種を限定して購入したい場合、すぐに手に入らない可能性もあるでしょう。

デメリット②
次の車検までの期間が短くなる

新車の場合は購入と同時に車検を受けるため、次の車検は3年後になります。しかし未使用車はすでに車検を受けているので、次の車検までの期間が短くなってしまうでしょう。

デメリット③
ワンオーナーになれない

最後のデメリットが、購入する車のワンオーナーになれないことです。未使用車はすでにディーラーが名義登録をしているため、名義変更をしたとしてもワンオーナーにはなれません。ワンオーナーになれないデメリットの一つが、売却する際に査定額へ影響を与えてしまうこと。ワンオーナーよりも買い取り金額が下がってしまう可能性があります。

未使用車(新古車)を購入する際に注意するべきポイント

未使用車を購入する際は、まず購入先をしっかり吟味して選びましょう。前述したように、新古車と表示している販売店は自動車公正取引協議会に加盟していません。自動車公正取引協議会に加盟している販売店は一定の質が担保されているため、できるだけ加盟販売店を選ぶようにしてください。

また展示車や試乗車として使われていなかったかどうかも、要チェックポイントです。展示車の場合は実際に人運転することはないものの、ドアやトランクを開け閉めしたり、車の中に乗って車内を触ったりするでしょう。また試乗車の場合は実際に運転されます。一人あたりの走行距離はさほど長くないかもしれませんが、新車やまったく乗らない未使用車と比べると走行距離は多くなります。展示車や試乗車の購入を考える際は、外観や内装、走行距離などもよくチェックしてください。

まとめ

未使用車と新古車の意味合いは同じです。どちらもディーラーがノルマ達成などを理由に購入し、名義登録だけされたものを指します。新車よりもリーズナブルに購入でき、さらに購入から納車までの期間が短くて済むのは、多くの人にとって大きなメリットとなるでしょう。

おすすめ関連記事

SEARCH
【その他】愛媛県の自動車販売店一覧

新着記事

車検証は運転時に携行しておくことが義務付けられており、ダッシュボードなどに保管している人が多いでしょう。しかし、日常的には使用しないため、気づいたら失くしていたということもあります。この記事
続きを読む
後悔のない車購入には、車種選びはもちろん、どんな店で車を購入するのかも重要です。車が購入できる店には、ディーラー・自動車販売店・中古車専門店などの種類があります。それぞれの­­特徴を把握し、
続きを読む
車の購入には大きな費用がかかります。そのため、なかなか購入に踏み切れないこともあるかもしれません。予算の問題のほかにも、車がある生活がいまひとつ想像できなかったり、新車か中古車かを決め切れな
続きを読む